アマゾンウェブサービスの目的とサービスの内容

by author



アマゾンウェブサービスとは2002年7月から提供されている、各種遠隔コンピューティングサービスです。他のウェブサイトやクライアントサイドアプリケーションを対象として、オンラインサービスを提供しています。

クラウド データベースの情報ならお任せください。

アマゾンウェブサービスはソフトウェア開発者が創造性を発揮して革新的で斬新なインターネットアプリケーションの開発を行うための基盤となることを目的としてます。

NAVERまとめ情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

具体的なサービスの内容のひとつとして規模の変更が可能なコンピューター処理能力の提供が挙げられます。

これによりソフトウェア開発者のウェブスケールでの作業がより簡単になります。

シンプルなウェブサービスによって容易に必要な機能の設定を行うことが出来ます。



また数分間で新規サーバーインスタンスを取得した後、起動することが可能です。
これにより作業内容により、迅速に能力を拡大したり縮小したり変化させることが出来ます。

またこれにより使用した分だけの料金で済むため、非常に経済的です。
またアマゾンウェブサービスはデータベース管理の負担を軽減するサービスの提供を行っています。

非リレーショナル型のデータストアであり開発者はデータ項目の格納と照会をウェブサービスリクエスト経由で行うのみで、残りの処理は自動で実行されます。
可用性と柔軟性に優れ最適化されていますが、管理者の負担はほぼありません。
これにより困難で時間のかかるデータベース管理の手間を省き、アプリケーションの開発に集中することが出来ます。